【レビュー】Logicool G213色の変え方や打鍵感(軸)と反応は?

ゲーム

パソコンでゲームがしたくてゲーミングキーボードを探していたところ、比較的に安めで評価が良さそうな「Logicool G213 PRODIGY」を購入しました。

そこで今回は、Logicool G213 PRODIGYのゲーミングキーボードをレビューしていきます。

色の変え方やキーの押し心地、何軸が使われているのかなど、気になるところの説明もありますのでぜひ参考にしてみてください。

Logicool 「G213 PRODIGY」

Logicool公式サイトで7700円で販売しています。(2020年7月28日時点では売り切れ)

私はAmazonで6300円で購入しました。

かなり人気商品で在庫がないときもあったようですが、タイミングよく買えました。

箱を開けるとこんな感じ。

コードは黒い部分に入っています。

梱包品は以下4点です。

  • キーボード
  • 保証書
  • 保証規定
  • 取扱説明書

取扱説明書についてはUSBをパソコンに接続して使うよってことが書いてあるだけでした。

キーの説明や色の変え方など詳細に書いてないのであてになりません。

なので、その辺もしっかり説明していこうと思います。

 

G213 PRODIGYの見た目

Logicool G213の表面はこんな感じです。

キーの質感は少しラバーっぽいです。

マットな黒でとても質の良さを感じます。

またキーに日本語表記がなく、真ん中に英語のみっていうところがかっこいいです。

 

そしてなによりキーが光るのはやっぱり興奮しますね!

この光り方や色の変更もできるので後に説明しています。

 

キーボードの下にはパームレストがついており、キーボード使用中の手首の疲労を軽減してくれます。

パームレストがあるので普通のキーボードよりも縦幅が長いです。

 

続いて裏面です。

キーボードの高さを調節できるようになっています。

キーボード下側には滑り止めがついていて、キーを打ってもずれたりすることなく安定します。

 

G213のメディアコントロールキーの説明

一般的なキーボードにはないメディアコントロールキーがついています。

次のような機能になっています。

  • ミュート
  • ボリューム調節
  • 再生/一時停止
  • 停止
  • 早送り巻き戻し
  • キーボードのライトのON/OFFの切り替え
  • ゲームモード切替(ゲームに不必要なボタンを無効化する)

どのキーがどの機能なのかだいたい分かるかと思います。

メディアコントロールキーは高価なキーボードについていることはありますが、この価格帯でついているものは少ないので嬉しいですね。

またゲームモード切替があると、ゲーム中に間違えて変なボタンを押してゲームに支障が出ることもなくなります。(Windouwsキー押してゲーム画面が操作できなくなるとか)

これはゲーマーにとってはとてもありがたいです。

 

G213のキーの色の変更のやり方

G213のキーの色を変えるには「G-HUB」というLogicoolの製品の設定ができるソフトを使います。(無料)

Logicoolの公式サイトからパソコンにダウンロードしてください。(G-HUBで検索かけたらすぐ出てきます)

ダウンロードして起動すると次の画面になります。

キーボードを接続するとG213のデバイスが表示されているのでクリック。(キーボード以外にLogicool製品を接続していれば一緒に表示されます。)

すると次のような画面になります。

ここで色や光り方を自由に変更できるので、色々試してみて自分好みに設定してみてください。

ちなみに私は効果を「色の波」にして最大速度にしています。

色鮮やかに変化するのがとても分かりやすくてきれいですが、少し目がちかちかするかもしれません(笑)

またここで細かいキー設定もできますので、自分の使いやすいようにカスタマイズすることも可能です。

 

G213のキーの押し心地や軸について

G213のキースイッチはメンブレン方式で作られています。

メンブレン方式は比較的安価で耐水性耐久性に優れているので長持ちします。

また4倍高速キーボードで標準的なキーボードよりも入力が4倍も速い反応をしてくれるのでゲームに最適です。

 

軸についてですが、ゲーミングキーボードで赤軸、青軸、茶軸といった「軸」というワードを聞くかもしれませんが、メンブレン方式は軸はありません。

 

打感は少し柔らかい感じがします。

メカニカル方式の軸で言うなら赤軸が一番近いと思います。

打感の良さで言えば、メカニカル方式の方がカチャカチャとすごく軽快な感じで気持ち良さはあるかもしれません。

ですが、G213はメンブレン方式の中でもメカニカルに近い感覚で打てますし、キーも軽くて私は大変気に入ってます。

ゲーム内での反応速度や使い心地は?

実際にゲームをプレイして反応速度やキーボードの使い心地を検証します。

今回遊んだゲームは「Apex legends」です。

ゲームジャンルはシューティングゲームで反応速度が求められるゲームジャンルですが、何の問題もなく遊べています。

またゲーミングキーボードなので複数キーを同時押ししてもきちんと反応しました。

それにゲームモードのキー制限において、どのキーを制限するか自分で変更できるので、遊びやすさを追求できるのも魅力的です。

 

またパームレストもあるので、長時間遊んでも普通のキーボードより疲れにくかったです。

ほんと快適にゲームできて満足しています!

ちなみに私が使っているゲーミングパソコンもレビューしていますのでぜひ読んでみてください!

【レビュー】FRONTIER GAシリーズの使い心地や納期は?
FRONTIREのゲーミングパソコンのGAシリーズを購入したので評価をしています。実際の見た目や使い勝手、納期や発送までの期間や値段の安さなど、性能だけではなく細かな気になるところをわかりやすく説明していきます。

総評

個人的な感想は、1万円以内でこのクオリティの高さにはとても驚きました。

ゲーミングキーボードは意外と値段が高くてなかなか買おうと踏み切れない人もいるかもしれませんが、これなら安いですし後悔しないと思います。

初めてゲーミングキーボードを買う人には絶対おすすめです!

Amazonだと在庫が少ないことがあるので、在庫があるうちに早めに購入した方がいいかもしれないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました